本当に必要なものだけで暮らす!なくても実は困らないものを知る方法

本当に必要なものだけで暮らす5

「自分にとって本当に必要なモノに囲まれて生活する」

モノや情報が大量にあふれる現代社会。最近では100均などもあり低価格で様々なグッズが手に入る時代になりました。

そのため、「まぁ安いから」・「いつか使うかもしれないし」などと似たような製品をいくつも買ってしまって気が付いた時には部屋にモノがあふれていた・・なんてこともあるのではないでしょうか?

しかし、このような時代だからこそ「自分にとって本当に必要なモノ」というのをハッキリとさせて世間に振りまわされないライフスタイルを確立したいものです。

そこで今回、ミニマルライフ実践中のFUUKAが「本当に必要なものだけで暮らしたい」人向けに、実際になくても困らないアイテムを選別する方法を紹介させていただきます。




本当に必要なものを知ろう!自分にとっての必需品を知るメソッド!

本当に必要なものだけで暮らす4

日常生活を送る中で、自分にとって本当に必要なものとは一体何か?

実際になくなっても、そこまで生活に困らないものは一体何か?

この「本当に必要なモノ」「なくなっても実は困らないモノ」を知ることは、モノであふれさせずに自分らしいシンプルな部屋作りをするためには重要なプロセスになります。

しかし、どうやって「本当に必要なモノ」と「なくなっても実は困らないモノ」を選別していけばいいのかしら・・。

結構悩ましい部分だと思いますが、実はある方法を使えば1週間程度で簡単に選別することができてしまいます。

そこで、「本当に必要なもの」と「なくなっても実は困らないモノ」のおススメの選別方法について解説していきます!

■準備編■

・実施期間:月曜日~日曜日の1週間

・必要なもの:シールや付箋など目印になるもの、メモ帳

■実施編■

1.実施1日目の月曜日。

朝起きてから夜寝るまでの間に使ったものに、シールや付箋などで目印をつけていく。そして、メモ帳もしくはPCのエクセルなどで使ったものをリスト化する。

2.実施2日目の火曜日以降。

実施1日目と同様の作業を行っていき、メモ帳などで使ったアイテムをリスト化する。この時、1日目と同じアイテムは2回使用したという事が分かるようにチェックを入れる。

3.最終日の日曜日。

月曜日~日曜日の1週間に使用してリスト化したアイテムを見直す。

この時、1週間の中で使用してリスト化されたアイテムは、日常生活の中でアナタが本当に必要なアイテムとなってきます。

また、今回の1週間の生活サイクルの中で触れることがなかったモノは、断捨離候補として検討できるものになってきます。

かなりざっくりとした選別方法になりますが、これから本格的に「本当に必要なモノ」を選別して断捨離をしていく第一歩としては、おススメの方法になります。

次に、実際に私が部屋のモノを整理した際に効果があった、おススメの断捨離アイテムについて4つほど紹介させていただきます。

本当に必要なものだけで暮らす!おススメの断捨離アイテム4選!

テレビ

本当に必要なものだけで暮らす3

どの家庭にも必ず一台はあるのではないかと思われるのが、みんな大好きテレビ。

しかし、現在ではネット上で最新ニュースを収集できるようになりましたし、ドラマやバラエティなども公式サイトで見逃し配信をしているなど色々と便利な時代になりました。

また、テレビではNHKの放送受信料など余分な金額が発生してきますので、NHKをフル活用できていない人にとっては無駄な出費になっていることは否めません。

大画面で毎日数時間はTVを見たい!というようなTV好きの人以外は、おもいきって断捨離してしまっても全然問題ないと思います。

実際にテレビがなくなると、ダラダラTVを見ることがなくなって時間の節約にもなりますし、空いた時間を家族との会話の時間にしたり、自分の趣味の時間にしたりすることができますよ!

固定電話

本当に必要なものだけで暮らす2

今はスマホ社会ですので、家に固定電話を置いておく必要性もなくなってきています。

固定電話とスマホを両方持っていると料金が二重に発生してきますし、お財布にも優しくありませんので、まとめられるものは1つにまとめてしまった方がアドレス管理もしやすくなって一石二鳥です!

ベッド

本当に必要なものだけで暮らす1

家の中で一番スペースをとるのが、寝室のベッド。

私も以前に東京に住んでいた時は、ベッドを購入するか迷っていましたが、スペースを広く保ちたい!との理由から布団を選択しました。

確かにベッドは、部屋ですぐにゴロンっ!と横になれますし、ベッドのフワフワ感もいいのですが、部屋を占領するスペースが大きすぎるのが難点です。

その点、布団はたたむことができるので、日中は部屋を広々と使う事ができますし、天日干しも簡単にできるので清潔に保つことが容易です。

ベッドの断捨離はスペースがかなり広くなりますので効果は絶大です!

本や雑誌など書籍関係

本当に必要なものだけで暮らす7

本や雑誌などは、数が増えるとかなりのスペースを占領してきますよね。

実際に私の部屋も、本棚が部屋の半分を占めていた時代がありましたが、とにかく圧迫感がすごくて狭く感じました。

また、最近では地震などの震災も頻発していますので、本棚など凶器となりそうなものはなるべく少なくできないものかと考えていた時期もありました。

しかし、最近では電子書籍がスマホなどで読めるようになってきたり、これまでの本や雑誌もスキャナーでデータ化して保存してしまえば、断捨離できてしまいます。

紙の状態で持っておきたい!という本や雑誌以外は、データ化してしまって断捨離すれば部屋のスペースは格段に広くなって効果は絶大です!

まとめ

本当に必要なものだけで暮らす6

今回、ミニマルライフ実践中のFUUKAが「本当に必要なものだけで暮らしたい」人向けに、実際になくても困らないアイテムについて紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

記事で紹介しました「本当に必要なもの」「なくなっても実は困らないモノ」の選別方法は、これから本格的に「本当に必要なモノ」を選別して断捨離をしていく第一歩としては、かなりおススメの方法になります。

また、実際になくても困らない断捨離アイテムについても、テレビや固定電話など置いておくだけで月々の料金が発生してしまうモノはできる限り減らしていくと、部屋のスペースもお金も節約できて一石二鳥です!

ぜひ、この機会に「本当に必要なもの」「なくなっても実は困らないモノ」の選別をしてみてはいかがでしょうか?

実際に「本当に必要なモノ」を選別する際に役立つメソッドとして、モノの断捨離の具体的なやり方について下記記事でまとめていますので、興味のある人はチェックしてみてください!

↓   ↓   ↓   ↓

ミニマルライフを送るために欠かせないのがモノを持たない習慣。 快適なミニマルライフを送るためには、これまで築いてきた習...

あと、「本当に必要なモノ」としてミニマルライフ・コストという考え方もありまして、無駄遣いを減らすための家計簿のつけ方になります。

マネーの断捨離で無駄遣いを減らすと、貯金にもなりますし一石二鳥ですよ!

↓   ↓   ↓   ↓

自分らしく生きていく上で、しっかりと考えたいのが仕事とお金のこと。 ・最近、仕事が忙しくて・・お給料は増えたのだけど、...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする